2008年03月12日

ウイグル「五輪テロはありえない」

昨日に更新しました、ウイグル族のテロ問題に関しまして
ウイグル側がコメントをしたようです。


ウイグル独立派組織が反論 「五輪テロはあり得ない」 asahi.com(2008/3/11)
 中国新疆ウイグル自治区政府幹部がウイグル独立派組織が
北京五輪を狙ったテロを計画していたと明かした問題で
亡命ウイグル人組織の連合体「世界ウイグル会議」のスポークスマンが9日
「ウイグル人は北京五輪の開催に反対するが、五輪の精神は尊重する。
テロ活動をすることはあり得ない」
とのコメントを台湾の中央通信社に寄せた。

 同会議は「五輪招致時の人権状況の改善という約束を守っていない」
と五輪開催反対の立場を示した上で
「自治区政府が一方的にウイグル人がテロ活動を計画したと告発するのは
国際社会からウイグル人を孤立させるためだ」と批判した。


さすが中国ですね。
私自身、鵜呑みにしてしまいウイグルのイメージを変えてしまいましたから。

もう日本の外交もこれぐらいは行ってくれませんかね。
もちろん中国の真似をするだけでは、信用を失うだけですが…(汗)

とりあえずは、五輪まで様子見という形になりそうですね。
いますぐに改善するような気配はない。
というより、中国側に改善しようとする意思もないみたいですしね。

これからはウイグルに関して、よく目を向けるようにしていきます。

ウイグル女性がテロ未遂(2008/3/11)
posted by ぷろめ at 23:51| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。