2008年03月11日

ウイグル女性がテロ未遂

ウイグル族の女性が中国で行われる北京五輪に対して
テロを起こそうし、未遂で終わりました。


あんまり、五輪とは関係ないような…
という気持ちはしますが、幹部がそう話しているので
それに関連するテロの前段階だとは思いますが。


容疑者は19歳のウイグル族女性か 北京五輪テロ未遂 asahi.com(2008/3/11)
中国新疆ウイグル自治区政府幹部がウイグル独立派組織が北京五輪を狙ったテロを計画していた
と明かした問題で、ウイグル族の女性(19)が機内にガソリンを持ち込んで爆破させようとした
と11日付の中国紙「環球時報」が当局者の話として伝えた。
香港紙明報によると、警察当局は4人のウイグル族を拘束しているといい
背後にテロ組織が関与したとみて調べているという。

 女性は北京行きの旅客機が新疆ウイグル自治区ウルムチを離陸後
機内のトイレでガソリンに点火しようとした。
異変に気づいた乗組員が女性を拘束、甘粛省蘭州市の空港に緊急着陸した。


私の中でウイグルの方々というのは大人しい、というイメージでしたが
やはり、圧迫されたら人間どうなるかは同じ反応になりますね。


つかまった方も驚きですね。
女性という事も19という年齢も自分の身を省みないテロという行為も
改めて、私にも理解しがたい事が多いです。

というより、平和ボケしている日本人には
きっと理解をする事は絶対に無理なのでしょうね。
アメリカか中国にでも占領されて
圧迫され続けたら、私でもそのような行為に走れるのでしょうか。

このように言うと、良いイメージを抱いていると勘違いされそうなので
言い訳しますが…
私は知識欲のカタマリとも言える人間でして
自分が理解しえない事というのは、とても興味を抱いてしまうのです。
…弁護になってないですね。

とりあえず、このような行為には批判的です。
だって、当然ながら関係ない方々が被害にあってしまいますからね。

ただ、どうしてもこのような事が起こってしまうのはしょうがないかなと思います。
だって政策が悪いのですもの。

別に占領が絶対悪、とは言いませんが
もっとやりようがあるでしょ?とは思います。

ウイグルと中国がどのような関係を築いていくかは分かりませんが
現状のまま続いて、歴史に残ってしまうような悲劇にならない事を祈ります。
posted by ぷろめ at 23:55| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関心出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。