2008年03月11日

日銀人事問題 武藤氏所信表明

最近、民主党が問題としている日銀総裁の人事について
自民党が候補としている、武藤氏が所信表明をしたようです。



日銀人事:「現実的で安定的」と市場評価…武藤氏所信表明 毎日jp(2008/3/11)
政府が日銀の次期総裁候補として提示した武藤敏郎副総裁の所信聴取が11日、衆参両院で行われた。
市場では、武藤氏の発言そのものについては、「経済に対して強気でも弱気でもなく現実的で安定的な姿勢」
と評価する声があがった一方で、与野党の間で次期総裁人事が政局化したことに、「意見聴取は形骸(けいがい)化している」と冷めた反応も目立った。

 次期総裁選びは、政府・与党の候補者提示が遅れたこともあり、民主党など野党が反発した。国会の論点は、元財務事務次官という武藤氏のキャリアに着目した「財政と金融政策の分離問題」に集中した。
11日の所信聴取でも、政策金利が年0.5%と利下げ余地の乏しい日銀が、米国の景気後退懸念の高まりと国内景気の減速にどう対応するかなど、政策論議はほとんどなかった。

 市場からは「武藤氏の発言だけを見れば後継総裁として問題はないはず。
もっと早く所信聴取を行うべきだった」と、日銀総裁人事を政局化させた政府の対応のまずさを批判する声も出る。
「武藤氏と副総裁候補の白川方明(まさあき)氏は、共に現在の福井俊彦日銀総裁の路線を継承すると述べたのに、両氏で同意・不同意を分ける理屈はどこにあるのか」
(第一生命経済研・熊野英生氏)と、野党の姿勢を疑問視する声もある。


 民主党など野党が11日夜、「武藤総裁昇格案」に不同意の方針を決めたことで、福井現総裁の任期切れの19日までに後継が決まらない「総裁空席」の恐れが現実味を帯びてきた。
市場では「国際的に『日本の政治は異常』とのイメージを与え、株安リスクが高まるだろう」
(野村証券金融経済研・木内登英氏)
という見方も出ている。

 
もうどうなる事やら…
民主党というのは反日党だと言うのは確認済みです。

けれども、その党の中には(数がどれほどいるかは分かりませんが)日本の事を考え
少しは親日…いえ、反日ではない人もいると思っていました。

けれども、もしこのまま総裁人事を遅らせるような事になるならば
心底、民主党という組織を認めないようになります。


今まで、政争の具に使われてきたものは数多くあります。
ただ、ここまで世界での中での日本を貶めるような行為は断じて許せません。

日本の政治は三流、経済は一流。
などと言う言葉が、バブル以前は言われていたようですが
ここまで来ると、政治のせいで経済も三流になるようですね。

経歴うんぬんを問うのならば、民主党の現党首ほど経歴が不可解であり
野党第一党の党首という適正を疑いたくなるのですが
あ…そういえば、民主党というのはブーメランが大好きな党でしたね。

これがいつもどおりの野党の駄々で終わるのならまだしも
このまま、これが続いてしまい
記事にあるように総裁が空白の期間を作るようならば
断固として、このブログは民主党を批判するような方向性を持つ可能性があります。

TVを情報媒体とされている方々にとっては
この問題というのはさほど重要に思われてないかもしれません。

けれども私にとっては、この問題というのは
日本の将来にとって大きな禍根になりそうな予感がしています。


願うべくは、あっさりと武藤氏に決まる事ですが…
もうどうなる事やら…
posted by ぷろめ at 23:45| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 関心出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック