2008年03月05日

黄砂は中国のせいじゃないアル。

そろそろ黄砂が飛び交う季節です。
もう各地で黄砂を感じた方々もいらっしゃると思います。

さて、それについて中国の専門家が意見があるそうです。



<黄砂>「発生源を中国に特定するのはおかしい」中国の専門家が反論 Rcord China(2008/3/5)
2008年3月4日、中国紙「環球報」(電子版)の報道によると
「黄砂は中国で発生し、日本や韓国に飛来している」との見方について
中国の専門家が「発生源を中国だけに特定するのは妥当ではない」と反論している。
日本や韓国では、3月2日、今年初の黄砂が観測された。
両国をはじめ、観測関係者や研究者の間では
黄砂は中国内陸部のゴビ砂漠や黄土高原で発生し、飛来してきているとの見方が一般的。
しかし、「環球報」の取材を受けた、この専門家は「一概にそうとは言い切れない」と反論。
「隣国のモンゴルにも大きな砂漠はあるし
そもそも日韓両国自身で砂塵が発生している可能性もある」としている。

日韓における「黄砂」の影響は深刻で、韓国の一部では「黄砂警報」まで発令され
始業式や入学式が延期になった学校もある。
日本でも今年から環境省が「黄砂飛来情報」を公開し、独自の対応を強化している。
早急に対策を立てたい両国に対し
中国は「気象情報は対外秘」との姿勢を崩さず、一切のデータ提供に応じていない。
協力体制の確立には、まだ時間が掛かりそうだ。


黄砂は中国のせいと言ってるアル。
けれども、砂漠はモンゴルにもあるし、砂塵ぐらい日韓でも起こるアルヨ。
だから中国のせいじゃないアル。

まとめるとこんな感じですかね。

とりあえず、「はぁ?」という感じです。

仮に、もしモンゴルや日韓に原因の一因があるとしましょう。
けれども、中国に原因がなくなる事はないのですよ?

ギョーザ問題でもそうですが
昔とは違い、責任を他人に擦り付ければもう終わり、という事にはなりませんよ。

以前ならそれが出来て、今はそれが出来ない理由を考えた事ありますかね。
当然ながら、それを黙らさせるだけの力がありました。
それを黙らせるだけの見返りを渡せました。

今を考えて下さい。
黙らせるだけの力もありません。
このように表面だって非難されるというのは
何かしらの蓄積があったからです。

それを理解しているのでしょうか。

ギョーザ問題だって、他の要因がつもりつもって
ここまで爆発しているのですよ?
もし先送りすれば、不満は溜まるばかりですよ?

国内の政策は反日に目を向けて誤魔化してますが
国際情勢はその対価となるものがなかなか見つかりませんよね。

小さく社会という面でもそうでもし
大きく世界という形でもそうです。
求められているモノは
言い訳でも、責任の有無でもありません。
次にこのような問題が起こらないような体制もしくはシステム作りです。


同じような問題を起こすようでは
信頼は地に落ちる上に、もう立ち直り出来ませんよ。


もちろんまた革命でも起こって
新しい国(理想は中華二分ぐらいしてくれるとありがたいですが)
でも作ろうとしているなら気にはしませんけどね。

まぁどう転ぶにせよ、こりかたまった中華思想では難しいと思いますが
少しで良いので、世界に対して気を使う事をして欲しいです。
posted by ぷろめ at 13:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88372210

この記事へのトラックバック