2008年03月04日

小浜市がオバマ氏から礼状届く

先日のスイッチで質問にありましたので
この記事を取り上げてみました。

これで少しは変わってもらえると良いのですがね…



オバマ氏から小浜市に礼状届く 産経ニュース(2008/3/4)
 福井県小浜市は4日、米大統領選の民主党候補指名争いで激戦を続けるオバマ候補から、「小浜市の皆さまの支持と励まし、心温まる贈り物に感謝します」とお礼の親書が届いたと発表した。同市では5日、オバマ候補を応援する勝手連が、大票田のテキサスやオハイオを含む4州で行われる予備選の開票速報を見守る集会を開く予定。その様子をアメリカのテレビ局「CNN」が全米中継するため取材に訪れることもあり、応援にいっそう熱がこもりそうだ。
(略)
昨年1月に、ワシントンDCのオバマ事務所に送った親書や特産の「若狭塗箸(ぬりばし)」などのお礼とみられる。村上市長は「名前だけでなく政策に共感するところが多いので、彼の言葉はうれしい。市民とともに健闘を祈りたい」とエールを送った。


小浜市の皆様、良かったですね。

村おこしのために貴重なお金まで使って
大統領になれない上、オバマ氏から文句を言われる事がなくなって。

でも本当にどうなるのでしょうね。
私としては、もちろんですがマケイン候補ですよ。

だって、反日とまではいきませんが
明らかに親中で、日本に重きをおかない民主党なんかに
日本人である、私が応援するわけないじゃないですか…


なんでこう、どこの国とは言いませんが
民が主である党は全て反日なのでしょうね。

もうなかなかに嫌になりますね。
頼るべき党がないって…
政界再編とよく言われていますが
早く起こってくれませんかね?


はっきり言って、このままで上手くいくはずがないのですもの。
私は保守の考え方ですが、理想としては改革の考えが強いです。

なので、結論として一新せねば!
という事になりやすいのやもしれませんが
実際のところはどうなのでしょうかね。

今までの日本人というのは、色々ありながらも、結局は
「さぁ?他になんかあるの?」
「私らが動いても意味ないし、無駄やん?」
という事が多かったと思います。

けれども、いつになくこの米大統領選挙に…
いや、大統領予備選挙に注目が浴びました。
日本では、総理大臣の選出自体がおざなりです。
一方アメリカでは、予備選ですら、このように盛り上がる。

冷ややかな目で見ている方々が多いと思いますが
これを機会に日本でも選挙というモノにもっと参加していただければと思います。

さてさて、蛇足ですが
オバマ市の市長が、述べられたお礼の言葉ですが…
絶対に、政策を知らないでしょう?(汗)
ただノリでやっただけですよね…?
そんな事を言っていると反感を増やすだけですよ。
posted by ぷろめ at 16:23| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック