2008年03月01日

中国製ギョーザ問題 福田総理「前向きだ。」

散々伸ばしたあげくに、日本のせいアルよ!
という結論になった、中国側の発表に対して
福田総理が意見を述べました。




原因究明、中国も前向き=ギョーザ中毒問題で福田首相 時事ドットコム(2008/2/28)
福田康夫首相は28日夜、中国製冷凍ギョーザ中毒問題で中国公安省が同国内での毒物混入の可能性は低いと発表したことについて「(中国側は)これからも日本と共同して、しっかり調査したいということを言っていたのではないか。非常に前向きだ」と述べ、今後も中国と協力して原因究明に当たる考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 また、首相は「中国側も原因をしっかり調査し、責任をはっきりさせたいという気持ちは十分持っていると思う。日本側も協力してやってもらいたい」と語った。


いや、もうビックリですよ。
意図が全くをもって分かりません。

日本で問題が起こって
被害者は日本人。
よって、日本が悪い!

こんな発想ができる自分素敵です。(笑)

日本の検証において→日本で混入はありえない。
中国の検証において→中国で混入はありえない。

こう書くと、どっちもどっちな感じはしますが
食に関する姿勢などを考えた上で
どちらの言い分を信じるのでしょうね。

ましてや、一国の首相が自国の主張を信じないとは
本当に日本人の首相なのでしょうかね。(汗)
あ、もしかして支那人の日本支部長なのでしょうか。

もしくは非常に高度な戦略でもあるのでしょうか。
ならば、どのような戦略を頭の中で練っているのでしょうかね。

戦略というものに一目置いている私としては
戦略に弱い日本人がここまで飛びぬけた発想ができるとは
もうオドロキモモノキ○○世紀ですよ。(汗)

さすがに、これでまた効果でずに
隠蔽していくつもだとしても
相手は中国ですよ?

以前アメリカのBSE問題でアメリカ様には頭があがらず
隠蔽しよう方向に持っていこうとしていましたが
結局問題が引き続き起こって
今でもズルズルと問題は継続していますね。

日本の官僚というより、日本人の気質として
問題の先送り、という性格があります。


今この問題も先送りしようとしているような感じはしますが
相手が中国では難しい事この上ないと思われますよ。

韓国に対しても中国に対しても
様々なことで先送りしてきました。

そのツケが今でも数多くの弊害を残しています。
もし、また先送りするようでは
次の世代に害を残すだけですよ。


いつも言いますが
自分の子どもに対して、その結果を引き渡せるような事をし
自分の子どもに対して、言えないような事は止めましょうよ。
posted by ぷろめ at 17:33| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関心出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。